日本への送金は今がチャンス!

コロナ規制【必要な書類編】海外から日本一時帰国に準備するべき手続き|アプリ取得や有効なワクチン証明

ページのリンクには広告が含まれる場合があります。 Dieser Beitrag enthält Affiliate-Links

現在コロナウィルス対策による入国規制はありません。
最近の一時帰国情報は▶▶▶こちら

海外から日本への入国時に必要な手続きって?!と、一時帰国を目の前に、やらなければならない事が山積みでまだ諸手続きに手を付けられていない方必見です!

海外から日本入国する際に必要な手続きの情報をまとめました。

2022年8月時点での情報です。最新の情報につきましてはその都度、厚生労働省のサイトにて再度ご確認ください。
INDEX

日本入国に必要な書類

日本行き航空券を購入したら、まずは帰国に向けて必要な書類を確認しましょう。

PCR検査 陰性証明書

9月7日以降の日本入国はワクチン3回目接種済みで日本帰国前のPCR検査不要

2022年8月24日に「帰国前のコロナPCR検査免除」について発表されました。まだ詳細などの発表はありませんが、現時点で確認できているのは以下の通りです。

・ワクチン3回目接種済みで日本帰国前のPCR検査不要

厚生労働省による正式名は「検査証明書」

出発72時間前に厚生労働省が指定した検体採取方法、検査方法にてPCR検査を行う必要があります。

厚生労働省の所定フォーマットで提出しなければならないので注意が必要です。
⇒詳細は厚生労働省サイトの検査証明書の提出について
検査証明書について(Q&A)

ドイツでのPCR検査についての詳しい情報はこちらの記事をご参照ください。

各種アプリ

厚生労働省が指定するアプリを準備します。

必要なアプリの登録

1:健康居住確認アプリ (MySOS)

11月1日以降ファストトラックが変わります!/

日本国内で現在位置や健康状態などを報告するアプリです。事前にインストールし、アカウント登録をしておく必要があります。

10月31日までのファストトラックはコチラ↓!/

インストールは携帯のアプリストアから検索するのではなく、専用インストールのリンクまたはQRコードから読み取ってください。

専用URLまたはQRコードからMySOSをインストール

https://mysosp.page.link/sfY2kRrviv4t4eFy7

専用QRコード

インストールした後は、アカウント登録(パスポート番号・生年月日・名前などを入力)を行います。子供の同行者がいる場合も登録をしておいてください。

MySOSをインストールできるスマートフォンをお持ちでない12歳以下の子どもは保護者による同行者登録が必要です。13歳以上は自身またはレンタルしたスマートフォンにて登録します。

2:位置情報設定

万一、陽性となった場合などに、保存された位置情報を保健所などに提示するために必要な設定です。
携帯の設定で位置情報をオンにしておきましょう。もしも設定を忘れていたり、方法がわからなくても大丈夫!入国時に空港スタッフの方が設定を手伝ってくれます。

3:接触確認アプリ(COCOA)

陽性者と接触した可能性について通知を受け取ることができるアプリで、ドイツでいうWarn Appのような役割です。このアプリは渡航前には使用できませんので、インストールしておくだけでOK

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ
COCOA – 新型コロナウイルス接触確認アプリ
無料
posted withアプリーチ

質問票WEB

ファストトラック利用の方

ファストトラック登録の手順にて、質問票に回答する場面があります。そちらでお手続きください。

ファストトラックを利用できない方

厚生労働省の質問票WEBより、健康状態などの質問に回答し、完了画面のQRコードのスクリーンショットまたは印刷したものを、日本に入国時に検疫に提示する必要があります。

到着前までに入力の必要がありますが、まれにフライトのチェックイン時や、搭乗時に提示を求められたというケースがあるため、出発の前に用意しておく方がスムーズです。

質問票について】もご一読ください。

誓約書

入国後に指定された隔離やアプリによる位置情報の確認、健康フォローアップの確認などを求められた際には応ずることを約束するための、誓約書です。

ファストトラック利用の方

ファストトラック登録の手順にて、質問票に回答する場面があります。そちらでお手続きください。

ファストトラックを利用できない方

以下のPDFの内容を確認の上、署名します。

誓約書PDF
原本が必要のため印刷して持参してください。

こちらも確認→【水際対策】誓約書

ワクチン証明(接種済みの場合)

ワクチン接種の有無、接種回数によって、入国後の公共交通機関の使用条件・待機期間が異なります。待機期間の緩和等を希望される方は、ご用意ください。

ドイツのワクチン接種で有効な証明書は、ワクチン接種が完了した際に受け取ったワクチン接種証明書、または薬局で発行してもらう英文のワクチン接種証明書です。入国する際に検疫にてコピーを提出する場合がありますので、印刷して持参することをおすすめします。

入国後の自宅等待機期間の変更等について

ドイツでワクチン接種をした場合、隔離免除などを受けるには、厚生労働省が指定したワクチンで3回の接種が完了している必要があります。

黄色のワクチンパスや携帯アプリのQRコードのみの提示は認められませんのでご注意ください。英文で必要な情報が記載されていることが指定されています。

入国ビザ(日本国籍以外)

外国人の入国には現在ビザの申請が必要です。
詳しくはこちらの記事をご参考ください。

ファストトラックとは?

必要書類が揃ったらいよいよファストトラックの登録です。

ファストトラックとは、日本入国する前に、MySOS(入国者健康居所確認アプリ)で、空港で行う検疫手続きを事前に登録しておくことにより、日本到着時、アプリ画面提示により検疫審査がスムーズになる仕組みです。

ファストトラックの登録方法ついてはこちらの記事にて解説!↓

日本帰国準備はお早めに

以前は航空券とパスポートさえあれば、気軽に日本と海外を行き来できたはずが、今では面倒な準備も増え、一時帰国が遠のいている海外在住者も多いようです。

帰国前は仕事や日々の残務処理に追われ、なかなかパッキングも進みません。お土産や必要書類などは帰国が決まったらなるべく早めに準備しておきましょう。

時間がないときはネットでチョコレートをまとめ買いもおススメ◎
Lindtチョコレート セットで購入

こちらの記事は2022年8月時点での情報です。最新の情報につきましてはその都度、厚生労働省のサイトにて再度ご確認ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
INDEX